real-estate

不動産コラム

ドバイ不動産5月も過去最高記録

ドバイ不動産5月も過去最高記録

4月のドバイの不動産取引において過去最高を記録した記事を投稿したのもつかの間

5月も6,651件の取引があり49.8億ドル(183億ディルハム)日本円にすると約6,687億の販売価格で

過去13年間で最も高い価格を記録しました。

2021年の5月と比較して、販売量が前年比51.5%増加し、

販売額が65.4%増加しました。

*4月の記事はこちらからご覧ください。▶ドバイ不動産取引過去最高を記録

また、ドバイの不動産会社であるhaus&haus

ドバイの不動産価格が今後10年間で2倍になる可能性があると強気の予測をしています。

しかし、ここ数年のドバイ不動産市場の成長は目覚ましいものであり

世界の企業や投資家が注目をしていることは結果からも見て取れます。

haus&hausのマネージングディレクターであるサイモンベイカーは

「パンデミックにおいて最も前例のない経済的後退を乗り越えた

ドバイの経済と不動産市場の見通しは非常に明るいです。」と述べており

現在、ドバイの不動産価格は、ドバイショックが起きた約8年前と同じレベルであり、

計画されている人口増加との相乗効果で、不動産価値の前兆であると彼は感じています。

「これに加えて、ドバイ政府は2040年までに600万人の居住者に到達するという目標を掲げており、

現在の人口は実質的に2倍になり、大きな資本成長の機会があることがわかります。」

続けて、「ドバイの不動産市場は十分に規制されており、

人口は毎年着実に増加しており(過去10年間で倍増)、産業への投資は増え続けています。」

今後10年間で、長期居住者の増加する人口が新しい物件の供給の減少を吸収し、

投資家はこの地域のビジネスに資金を投入し続けるだろうと彼は続けました。

今後の取引実績だけでなくドバイの不動産価格にも目が離せない状況は続きそうだ。

参考記事:不動産市場に影響を与える最新のUAE不動産開発の開梱

ドバイに関するさらに詳しい情報を知りたい方はLINEアカウントの登録をお願いします!
【弊社ではドバイの不動産を限定的に案内しています】
小口化プロジェクトにご興味がある方はお気軽にお問合せください。
Dubai Aegean Sea
第一号ファンド 案件レンジ:200万~8000万
期待リターン:年5%
ロックアップ:3年
通貨:円、ビット、イーサ、USDT