money

マネー

固定費削減には格安simがおすすめ

固定費削減には格安simがおすすめ

収入が昔と比較しても上がりにくい現代。

転職や副業を始めるといった「収入を上げていく努力」や考え方は以前よりも重要さを増しています。

一方、それと同じくらい重要で、なおかつすぐに対応出来るお金に関する対応策があります。

それがタイトルにある通り、支出の見直しと再考です。 私たちが生活している中で、必ず発生している

固定費。単身や家族同居など、様々な形態はあるものの固定費の種類自体は6つで構成されています。

この6大固定費とは、住宅費、光熱費、通信費、保険、車、税金です。 ​ 今回はこの中でも特に即効性の

高い通信費、つまり携帯電話の支出を下げる方法についてお伝えしていきます。 ​

格安sim、とはここ数年でよく聞くワードだと思います。 有名どころだとCMも展開している

ワイモバイルLINEMOahamo楽天モバイルなどですが、現在では20社以上でサービスが展開

されており、 そのサービス内容にも各社様々な特徴があります。 書ききれないほどあるので代表的な

内容に限定すると、音声通話が無制限、データ通信量は少なく設定する分安い、 特定のアプリだけは

通信費無料、海外でも追加料金なしで使用可能…など、色々なサービスがあるようです。 ​

そもそも格安simの定義としては、自社で通信設備を構えず携帯電話会社から回線を借り受けて通信に

使用している事業者(MVNO)が発行する 通信サービスのことです。巨額な投資が必要ないため、

安価に通信サービスを提供できる仕組みです。 ​ 肝心の費用面について。 いわゆる大手キャリアで

あれば月平均10,000円前後ですが、格安simの場合月平均で3,000円~5,000円の範囲でおさまって

います。 その差は月5,000~7,000円、年間では60,000~84,000円が手元に残る計算になります。

これは1台あたりの金額なので、 ご夫婦や家族複数で換算するとその効果は絶大であるというのが

お分かりかと思います。

年間の手取り収入で80,000円増やすよりも、確実に手元に残す方法としては非常にお勧めです。 ​

電話番号変更や手続きなど少々の手間は発生するものの、無駄をなくして大切なお金を守ることを

考えれば一度は向き合うべき内容ではないかと思います。 固定費の見直しとはお金を貯める力に直結

します。生活の質や満足度は下げることなく支出を抑える方法として有効なので、 是非参考に

してみてはいかがでしょうか。 ​