real-estate

不動産コラム

不動産ビザ・法人設立ビザ

不動産ビザ・法人設立ビザ

不動産ビザ

一定条件を満たすドバイの居住用不動産への投資により、ビザが取得できます。
申請から発行までの手順が比較的シンプル、かつあまり時間がかからないのが特徴で
不動産の保有と一定の要件を満たすことで更新が可能となります。
ビザを取得すると、ドバイの運転免許取得や銀行口座の開設なども可能になります。

申請者が55歳以上の場合は、リタイアメントビザの取得が可能です。
その場合は、所有する不動産の価格が約6100万円以上であること
3050万円以上の貯蓄があるか、月61万円以上の収入があることが条件となります。

主な申請条件

◆居住用の不動産で価格が100万AED(約3000万円)以上であること
◆一定の資産または1万AED(約32万円)以上の月収があること(国内は問わない)
◆所有物件がドバイの不動産局(RERA)へ登録済みであること

不動産ビザの特徴

〇事業経歴、言語能力、学歴、年齢、投資資金の出所などが問われない 
〇申請から許可までの時間が早い 
〇ビザを維持するための、必要滞在条件が低い 
〇配偶者および扶養家族も同時に申請が可能 

※不動産ビザで働くことはできません 
※UAEでは不動産取得によるビザ取得に関する法律がよく変わるので注意が必要です。



法人設立ビザ

UAEのフリーゾーンに法人を設立すると、ビザが取得可能になります。
継続してビジネスを行っている場合は、滞在期間の延長が可能となります。
不動産ビザと同様に配偶者および扶養家族も同時に申請が可能です。
UAEは積極的に外資を取り入れており、比較的外国企業が進出しやすい国と言えるでしょう。
法人税、所得税が課税されないというのが大きなポイントではないでしょうか。

かかる費用は、業務、設立場所、オフィスの規模、倉庫の有無などによって異なります。
大規模か小規模か等、ビジネス内容によっても選択するフリーゾーンは変わってきますので
設立する事業によってエリアを選択する必要があります。

主な申請条件


◆フリーゾーンにて法人を設立すること
◆一定の資産を有すること
◆6ヵ月に1回はドバイに入国すること


法人設立ビザの特徴

〇法人税、所得税がかからない
〇フリーゾーンでの選択肢が豊富
〇申請から許可までの時間が早い
〇不動産ビザよりも低コスト
〇居住のための法人設立も可能
〇配偶者および扶養家族も同時に申請が可能


*ドバイのフリーゾーンについて

UAEには7つの首長国にそれぞれの経済特区があり、全体で40その中でも
ドバイには約25のフリーゾーンが存在します。
主要なフリーゾーンにはそれぞれ8,000社以上の法人が登録しています。
フリーゾーンにてビザを取得すると50年間の法人税・所得税が免除になります。
法人の登録要件、設立費用、設立手続きは、各フリーゾーンよって異なりますので
事前の調査が重要になります。

フリーゾーンの優遇

〇外資100%での法人設立が可能で、輸出税関税が免税
〇資本と利益100%の本国送金が自由
〇マルチ通貨銀行口座の開設が可能
〇現地人労働者雇用の条件はなく、外国人労働者の雇用制限なし

※フリーゾーン以外は、原則UAE人の資本が51%以上必要です。



橋本裕介

ドバイに関するさらに詳しい情報を知りたい方はLINEアカウントの登録をお願いします!
【弊社ではドバイの不動産を限定的に案内しています】 
小口化プロジェクトにご興味がある方はお気軽にお問合せください。 
Dubai Aegean Sea 第一号ファンド 案件
レンジ:200万~8000万 
期待リターン:年5% 
ロックアップ:3年 
通貨:円、ビット、イーサ、USDT