real-estate

不動産コラム

ドバイで働く

ドバイで働く

ドバイで働く日本人

ドバイで働く場合のパターンは大きく分けて2つ。

駐在員として日系企業のドバイ支社で働く場合と、

日系企業の現地採用もしくはドバイの外資系、ローカル企業で働く場合。

ドバイの外資企業で働くというよりは、日系企業で働くという働き方が

日本人にとってはメジャー。

日本人駐在員の仕事

ドバイには、商社やメーカーをはじめ、保険、物流、金融、通信など、実に様々な日系企業が拠点を構えています。

ドバイの駐在員と言っても、あくまでアフリカ、中東を管轄するハブであるため

日々の仕事では、サウジアラビアやクウェート、オマーンといった隣国の湾岸諸国のみならず、

時にはヨーロッパ、アフリカまで出張に行くこともある。

 

日本人の採用に前向きなのが和食レストランやホテル、観光といった接客業。

日本人・日系企業をおもてなしするために、ホスピタリティのある日本人スタッフが求められています。

接客業と言っても、VIPの接待をお手伝いしたり、大会議を手配したり、パーティーの企画と運営をしたりと

内容は多岐にわたる。

求められるスキル

国際都市であり、様々な国から人が集まっているのがドバイ。

日本人だからといって優遇されるということはなく

自分の実力を生かせる仕事に就くことをお勧めします。

ある業種や職種での一定の経験、スキルが重視されますので

自分のポジションを明確にしておく必要があります。

ドバイでの公用語はアラビア語ですが、仕事での必要なのは英語のスキル。

ドバイで働くための最低条件。

ドバイで働く場合、完璧な英語よりも、様々な世界の国のなまり英語に

対応できる柔軟性が求められる。

待遇

駐在員として働く場合、日本での福利厚生に加えて家賃負担と車の貸与はある。

車社会のドバイにおいては車は移動において欠かせません。

メトロを使うこともありますが土地の隅々にまで駅が存在していないので

仕事で移動する場合はタクシーを使うのも一般的である。

 

給料

税金がないということもあるが、ドバイは基本的な給料が高い。

そのため、ホワイトカラーでもブルーカラーであっても、

みなが自国で働くよりも多くの稼ぎを得られるという点では、

仕事のカラーや出身国は関係なく、みながこのドバイの恩恵を受けている。

もちろん平均給与が高い=物価が高いということは否定できないが
日本よりも生活水準が高くなることは期待できる。

【弊社ではドバイの不動産を限定的に案内しています】

小口化プロジェクトにご興味がある方はお気軽にお問合せください。

Dubai Aegean Sea 第一号ファンド

案件レンジ:200万~8000万

期待リターン:年5%

ロックアップ:3年

通貨:円、ビット、イーサ、USDT

南フランスのNICEをテーマカラーとしたヴィラタイプの完成予想パースとなります。
近隣にはウォーターアクティヴィティが充実しており、ドバイ内で非常に注目されているプロジェクトです。