fund

ファンド案件情報

ファンド案件Ⅸ

ファンド案件Ⅸ

余剰資金5000万円はどのように運用するべきか

前提として、運用方針を検討する必要があります。

・運用期間はどれぐらいか
・運用資金について、50億円のうちの5000万円なのか、1億円の5000万なのかなど
・年利目標10% とした場合、リスク許容度はどれぐらいか?
(一般論ではマイナス50%になることを説明する)
・年1回の配当などは必要かなど

★条件
・年10%リターン
・円、ドル、ユーロ、など他通貨を認める
・レバレッジ(さらに借入)

短期の場合

・王道パターン1
国内外の株式、国内外リート、債券このコンビネーションで期待リターンを出して、
1年〜2年で10%の運用を目指していく。

・現実的に推奨したパターン
信頼性のある私募商品(投資実績がある、知名度のある会社など)
→弱点は流動性がないのでこの部分をどのようにヘッジするか。
※プライベートバンク経由であったとしてもすべてがOKではない

5年前後の中期

信頼性のある私募商品(投資実績がある、知名度のある会社など)
レバレッジすることによって、新たな資金+3000万なども増やせる。
これによって投資資金が増えるためファンドマネージャーとしてはより結果に結びつけやすくなる

10年超の長期

株式相場の値下げがあり、1年目で運用が転けても残りの9年間取り戻しやすいので
ファンドマネージャーからすると運用はしやすくなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そもそも、『日本円だけ』で『期間を縛られる』と達成できない確率の方が高く、
もはや運試しのような世界になってしまいます。
確実に年12%を目指すために、毎月1%
いかに下げない商品にするかが重要なポイントとなります。

そして、プライベートバンク系の私募商品を入れる理由は、

株式相場のような混乱があった際に運用を安定化させる狙いもあるため、資金の分散を行う必要があります。

銀行関連以外にもいろんなジャンルの投資があるようですが、
確実に資金を増やしていくなら怪しい投資は避けるほうが無難でしょう。

※なお、本記事は、テーマに関する内容を参考のために記載しており、
資産運用・投資・税制等について期待した効果が得られるかについては、
弊社では、何ら責任を負うものではなく、投資の推奨を目的とするものではありません。