fund

ファンド案件情報

ファンド案件集Ⅳ

ファンド案件集Ⅳ

カーライルの不動産ファンド

JPモルガンからの案件

カーライルとは1987年設立。
オルタナティブ投資会社 約25兆円規模を運営している会社
不動産部門の運用額は8% 約2兆円規模
▷▷▷会社としてはそこまで大きな比率ではない。

◆実績◆
現在は9号名
8号ファンドは4年前。
今までの実績としては、12%の平均リターン。税引き後。
2005年が一番成績が悪く、4%。
1号では330億円。
年々上がってきて、今回は8000億円規模で一番大きいファンドである。
最低50万米ドル 5500万円〜
購入に繋がる理由
オーソドックスな案件
これだけ実績があるので、購入理由に繋がる。
人口動態を見ているので、景気に左右されない。
同じ地域、同じ会社で働いているので安定しているチーム。

◆投資先◆ 
アメリカだけの不動産投資 

brown and gray concrete house during daytime

概要

アメリカ全土に満遍なく投資。景気の影響を受けないところを中心に
考えられている。
そのため、【住宅の割合が多い】。
比較的機構が安定しているフロリダ、マイアミは住宅不足がある。
20〜30代の若者は家を購入できないので、購入できるエリア
生活スタイルに合わない物件を購入し、改修する。
古い物件を改修して、改築する。
在宅勤務の普及率は、アメリカ、欧米の方が圧倒的に多い。
日本は普及率で遅れている。
HSBCは社員の9割が在宅
異常気象の問題もあり、より気候がいいエリアに移る。

 

  1. 45%   マルチファミリー住宅 家族向け
  2. 20%  倉庫、物流施設
  3. 12%   単身者向け
  4. 10%   アクティブアダルト シルバー世代 ベビーブーマー 57~75歳
  5.  5%    個人向け倉庫
  6.  4%    研究所
全米の300物件を購入します。
10〜30億円、これを300物件取得。
修繕、リノベなどの改修を行う。
3〜5年は保有して、売却を始める。
ファンドの投資期間は10年間。
終わらない場合は1年、1年追加。
カーライルは集まったお金の3%または160億円ほどを出す予定

出口

運用期間10年間後に償還。10年間は売れない。流動性はない。
全体のファンドとしては不動産は確実にある。
香港やシンガポールは不動産に対する投資熱が強い。