fund

ファンド案件情報

ファンド案件集Ⅲ

ファンド案件集Ⅲ

ミレニアムマネジメントが運用するミレニアムファンド

※ハードクローズ案件

◆実績◆
30年間の平均リターン(手数料、税引き後) 平均14.05%、
同期間のS&P500は12.5%なので驚異的な数字。
さらにリスク指数は、ミレニアム4.37%、S&P500 14.63%と
リスクが極端に低いため、ローリスクハイリターンのファンドとして有名。
マイナスになった年は30年で一度だけ
ファンド規模は3兆円

月での勝率87%
実績が示している通り、だれもが投資したい対象であるが
ハードクローズとして既存顧客も一般客からも資金を受け付けていない状況が
続いていたが、このタイミングで案件募集することになった。


◆最低出資額◆
25万米ドル~集める銀行によって違う
HSBC,UBS、CS、シティバンク、JPモルガンのみ取り扱い。
ハードクローズで最近は集めていなかった。
▷▷▷各銀行も信託報酬を取得する。0.5~1%ぐらい。
JPモルガンが一番安い。ダブルで信託報酬があるということ。

 

◆投資先◆
世界の商品すべて

概要

ミレニアムが運用してくれるというだけで資金が集まる。
ある種ブランド。
ウェイティングリストで受付。

【具体例】
社内の260から構成されるチームでバランスよく運用する。
▷▷▷世界のいろいろな案件に投資するため、結果的にバランスが保たれている。

round gold-colored coins

【背景】
新たなチームを迎えるため、その分の資金を集める。
キャピタルコール形式。
もちろん新卒は採用しない。他社での運用実績がないとチームに入れない。
社内教育も一切なし▷▷▷一人前になっている人しか来ない。

出口

四半期ごとに投資額の5%までしか解約できない。
3か月に1回解約できるという事。
ハードクローズ案件のため、ファンドマネージャーとしてはあえて
解約したいとは思っていない。
世界の富裕層が出資したいと考えている会社で投資できるチャンスがほとんどない。

※なお、本記事は、テーマに関する内容を参考のために記載しており、 
資産運用・投資・税制等について期待した効果が得られるかについては、 
弊社では、何ら責任を負うものではなく、投資の推奨を目的とするものではありません。