fund

ファンド案件情報

ファンド案件集Ⅱ

ファンド案件集Ⅱ

音楽ファンド

◆実績◆
2016年1号 年率17.2%/300億調達
2019年2号 年率25%/500億調達
2021年3号 550億円の調達見込み


◆最低出資額◆
25万米ドル

◆投資先◆ 
※ほぼアメリカ中心

  1. 90% 音楽の版権(著作権) ◆投資先
  2.   4% アーティストの管理 (例:日本でいうジャニーズ事務所などに出資)
  3.   3% 新人発掘
  4.   3% 関係性のある事業、収益性の高いイベントに投資

 

low angle photo of flag of U.S.A

概要

基本的にはアメリカの歌手中心。
昔からいるアーティストの版権管理
Michael JacksonやWhitney Houston(ホイットニーヒューストン)、
Rihanna、ボブマーリーなど。

【具体例】
ホイットニーニューストン財団
→この株を一部売却された株を取得する。
2019年に、財団の株式50%を取得。
当時リリースされていない曲を世界的超有名DJのカイゴがリミックス。
これによって5億回以上の視聴を生み出し、
ホイットニーヒューストンの更なる認知度向上になり、
継続して人気を得ることにより良いビジネスモデルになっている。
その他、フレディーマーキュリーのボヘミアン・ラプソディーのように
自伝を映画化することによってさらに利益拡大へ。


【背景】
有名アーティストなどが死後、引き継いだ家族は業界の専門ではないため
版権による収入のみを手にしているが、ファンドを入れることによって
各ジャンルにおけるプロ集団がさらなる発展、利益拡大、認知度向上に貢献。
双方にとって良いマッチングとなる。

 

出口

ファンド終了時期 目標は3年後IPOを考えている。
アメリカでの上場を予定。
→そのタイミングで売却。
※9年間の信託期間あり。

group of people raising there hands in concert

※なお、本記事は、テーマに関する内容を参考のために記載しており、 
資産運用・投資・税制等について期待した効果が得られるかについては、 
弊社では、何ら責任を負うものではなく、投資の推奨を目的とするものではありません。