fund

ファンド案件情報

ファンド案件集Ⅰ

ファンド案件集Ⅰ

invesco不動産ファンド

◆実績◆
実績なし
新規立ち上げファンド
一定期間はUBSが独占案内

◆最低出資額◆
12万5000ユーロ(1650万円)

◆投資先◆
最大世界15か国まで。
先進国中心
アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、オーストラリア。

grayscale photo of desk globe

概要

6セクターに投資
  1. ヘルスケア(老人介護施設)約28%
  2. テクノロジー系(研究所、データセンター関連)約24%
  3. 住宅 約19%
  4. 物流施設 約15%
  5. ショッピングモール 約9%
  6. オフィス 約5%
先進国の不動産を全体的に網羅するということ。 
リターン8.2%、リスク3%の安定的な投資。 
月に1回の月次報告書で値段と売買頻度を発表。

【具体例】
都市部の築浅の不動産を購入する
オーソドックスな運用。

【背景】
・不動産はわかりやすい▷▷▷いろんなファンドが不動産ファンドを作っている
・富裕層は不動産業をやっている方が多い。
・特にシンガポール、香港、中国では、不動産に対する知識が深い

出口

期間の縛りなし。

期待リターン

7~9%の年率リターン(インカム4%年率、キャピタル含む)
リターン8.2%、リスク3%
売却も月1回(流動性の制約)

購入してから12か月以内に売却する場合は5%のペナルティ
残高の2%以上の解約が出た場合は翌月に持ち越される。

12か月で売れるのが20%までで、
20%を上回る場合は比率で20%分を償還する。
▷▷▷早いもの勝ちではない。

※なお、本記事は、テーマに関する内容を参考のために記載しており、
資産運用・投資・税制等について期待した効果が得られるかについては、
弊社では、何ら責任を負うものではなく、投資の推奨を目的とするものではありません。